知っておくと便利!任意整理の費用額【無料相談がある事務所を選ぶ】

コンテンツ一覧

無料相談を活用する

悩む人

経費を安く抑える方法

任意整理をしたいときには、弁護士に相談することが多くなります。弁護士に依頼する状況の場合には、多額の借金額を抱えていると予想できます。少しでも任意整理の費用を安くしたいのであれば、法テラスの民事法律扶助の制度を使うことがおすすめです。民事法律扶助を利用するには条件が設定されていますが、任意整理をしたい人であれば多くの人が条件を満たしていると言えます。任意整理は専門家の手を借りる手続きですが、必ず弁護士でなければ行えないわけではありません。弁護士以外の法律家として司法書士に依頼することも可能で、一般的には弁護士よりも料金が安いことがメリットです。任意整理の費用は着手金や成功報酬、減額報酬があります。しかし、司法書士であれば減額報酬や着手金を無料に設定している事務所も多いので、利用者としては費用を安く抑えることができます。司法書士には法的な制限があり、借金額が合計で140万円以下のケースでしか相談できません。従って、債務者自身が合計の借金額を把握して、140万円よりも少ないときに検討できる手段となります。また、弁護士に任意整理を依頼するときにも、ホームページで相談を受け付けていたり、無料相談を実施している事務所を利用することで経費を節約できます。電話で相談するときには無料の場合でも、時間制限が設けられています。メールやLINE相談を受け付けている法律事務所ならば、時間のあるときに相談内容を送信しておけば、後から弁護士が返信してくれるので費用の節約に繋がります。